2009年12月12日

2009年今年の漢字は“新”に決定。

漢字能力検定協会が毎年、世相を表す漢字一文字を発表していますが、今年の漢字は“新”だそうです。
2009年今年の漢字は「新」(Jcastニュース)
全国から16万1365通の応募があり、その中から選ばれたそうですが、いろいろトラブルのあった「漢字能力検定協会も“新しく”変わりましたよ」という意味もこめて選んだんじゃないでしょうか。

「政」「改」「変」「民」「鳩」「代」「交」などがベスト10に入っていたそうですが、マスコミに向けては“偏”が相応しいんじゃないですか。

偏向の“偏”です(笑)

来年こそ良い意味で“変”化してほしいものです。

そういえば、この前の記事で植草さんの“植草一秀の知られざる真実”携帯サイトが不自然に読みにくくなっていると書きましたが、今日の記事「マスメディア偏向報道と田原総一朗氏の降板」から自然にもどり、読みやすくなっていました。

システムの問題だったのかは分かりませんが、とりあえず良かった。

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 17:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

“植草一秀の知られざる真実”の携帯サイトについて。

私が毎日チェックするサイトの1つに、植草一秀の「知られざる真実」というブログがあります。
知る人ぞ知る真実を追究する植草さんのブログですが、携帯版のブログがなぜか不自然な状態になっています。
植草さんのブログはココログですが、ココログの他のブログと比べても
ページが異常に分割されていて、読みにくい。元々のブログの設定自体がそうであれば仕方ありませんが、そうでなければ、運営者側の嫌がらせではないか?と思えます。
たとえば、今日の記事“日本の警察・検察・裁判所制度の前近代性”を携帯で見ると、29ページに分割されており、さらに2行しか表示されていないページも数ページあり、毎回こんな感じで非常に不自然なんです。
それと人気ブログランキングについても、以前はワンクリックでランキングに行けた(勘違いだったらごめんなさい)と思うんですが、今は「外部サイトに移動しようとしています」のページが出てきて、そこからランキングに移動するのでクリックがランキング側でカウントされていない可能性はないでしょうか?
こんなことあるのか?とも思いますが、もし私の知識不足から来る思い違いでしたら申し訳ありません。
気になったので書いてみました。。。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

内藤vs亀田戦の舞台裏でTBSがリングアナに常識ハズレの指示!?

内藤vs亀田戦が終わって4日が経ちました。
内藤が負けた。。
正直、内藤ファンとしては、かなりショックが大きいです。
相手は因縁の相手、亀田・・
しかし、これは勝負の世界なので仕方ありません。
事実として受け止めなければなりません。
亀田も、前回の弟・大毅vs内藤戦を教訓としたからか、以前よりかなり成長したように感じました。
大人になったと思います。そのように見えたことが、内藤敗北のショックを和らげた唯一の救いか・・
実はこの内藤vs亀田戦の裏側で、またしてもTBSの非常識ぶりが露呈しました。
内藤×亀田戦の舞台裏でリングアナがTBSに激怒(産経ニュース)
試合途中、中継を担当するTBSのディレクターがJBC公式リングアナの富樫氏に対して「試合後は勝者だけ読み上げて判定の採点内容は読まないでほしい」と要請があったという。しかし富樫氏は試合を締めくくる上で不可欠な情報と判断し、指示を振り切る形で採点内容を読み上げた。(産経ニュースより引用)

そして富樫氏は、王者と挑戦者が入場する際に関しても、俳優の小出恵介がアナウンスを務める事の説明を受けておらず「なぜ世界戦でライセンスもない素人を起用するのか」と不信感をあらわにしています。
(ちなみにTBSドラマの番組宣伝を兼ねて出てきた小出恵介は「WBC世界フライ級」のところを「WBC世界フライト級」と言い間違えた)
富樫氏はJBCのライセンスを受けた公式リングアナウンサーで、日本で行われる世界戦を10年以上にわたって手がけてきた“プロ”です。
不信感を持つのも当然でしょう。
視聴率自体は43・1%で、歴代のボクシング視聴率で2位となったため、目的は達せられたのでしょうが、いくら亀田に力を入れているとはいえ、TBSがやり過ぎであることは間違いない。
「偏向報道!THE NEWS」より酷い。いやどっちもひどい。
今後も非難が高まるでしょう。
それよりも、内藤のリベンジに期待したいと思います。
内藤頑張れ!そしてお疲れ様でした。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

マヤ暦が示す“2012年”は人類滅亡!?それとも・・

このあいだ、久しぶりにテレビで“アンビリーバボー”見ました。
古代マヤ文明のマヤ暦について特集していました。
私はこのような話題は大好きです(笑)
天体観測に大変優れていたと言われるマヤ文明ですが、とても精密に書かれたマヤ暦の記載が“2012年の12月21日”で終わっていることから、地球滅亡説とか人類滅亡説の話題が取り上げられています。
マヤ文明とは(失われた文明 インカ・マヤ)
マヤ暦とは
私が思うに、マヤ暦が示すのは地球や人類の滅亡ではなく、“資本主義の崩壊”を示しているのではないのでしょうか?
アメリカが世界中にばら撒いた「時限装置付き金融核爆弾」(サブプライムローン関連商品及び仕組み債)が来年あたりから破裂しはじめます。そして年末ごろに中国が保有する米国債を売り払い、いよいよ米ドルの大暴落が始まります。
副島隆彦さんの予測(予言)によると、来年の年末に1ドル60円、2011年に30円、そしていよいよ2012年には“10円”になるとしています。「ドル亡き後の世界」より
とすると、一番大きなダメージを受けるのが2012年となり、マヤ暦はそれを示しているのではないかと勝手に私は思っています。(ちなみに現在のドル安は副島隆彦さんと植草一秀さんの共著「売国者たちの末路ですべて予測されている)
植草一秀の「知られざる真実」
アンビリーバボーでは、2012年に異常気象や電磁波(磁気嵐など)により、コンピューターがシャットダウンする可能性があると言っていました。
そうなると損害が数千億に及ぶとのことですが、今まで世界中に散らばった不良金融商品の総額が日本円で6京円にも上るとみられていて(1京円は1兆円の10000倍)、それを2012年マヤ暦問題に便乗し、コンピューターをシャットダウンさせて負債の殆んどをウヤムヤにする計画なのかと思いました。
もしそれが可能なら、掛る費用は数千億で済むことになります。
そうすると単純に9000億円くらい損害が出たとしても、そのままだと6京円のダメージを受けるわけで、数字にすると
60000000000000000

900000000000円

で済む可能性も考えられ、とても安くつきます。(全然ピンと来ませんね)
もちろん私の勝手な想像ですが、異常気象と磁気嵐については「HAARP」を使えば実際可能なだけに無視できません。
どっちにしても、2012年は“注目せざるを得ない年”になることは間違いないようですね。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

ちょっと一息。

いまグーグルの急上昇キーワードを見たら
“たくましい たくましい たくましい”のキーワードが一位でした(笑)
さっき放送していた爆笑レッドカーペットでカナリアというコンビが“たくましい たくましい たくましい”と検索すると、「逞しい」差し置いて一番最初に“宅麻伸”が出てくる。というコントをしていました。
実際は出てきません(笑)
前にも、“あまたつ あまたつ あまたつ”と検索すると「あまたつ」を差し置いて一番最初に“小倉智昭”が出てくるというコントの時には“あまたつ あまたつ あまたつ”が急上昇キーワード一位だった(笑)
暗いニュースが多い中、ちょっと和んだ瞬間でした。。。

グーグルで“たくましい たくましい たくましい”を検索してみる
Google
ヤフーで“あまたつ あまたつ あまたつ”を検索してみる
yahoo!JAPAN
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。