2009年11月04日

トヨタ2009年限りでF1から撤退〜そしてブリジストンも。

トヨタとブリジストンが世界最高峰の自動車レースであるフォーミュラ・ワン世界選手権「F1」から撤退するそうです。
トヨタは業績が低迷し2期連続赤字は避けられない状況のため、そしてブリジストンは低燃費など環境技術の開発へとシフトする考えであると発表。
トヨタ今シーズンでF1撤退へ
ブリジストン2010年の最終戦でF1撤退へ
トヨタは2002年よりF1に参戦、2005年にはコンストラクターズ4位、2009年シンガポールGPと日本GPでチーム最高成績となる2位になりました。
タイヤはブリジストンが1997年からF1に参入して、一気に雰囲気が変わったように思います。一昔前のピレリタイヤなんかは途中、ピットに持ち帰って皮むき(タイヤを削る)など大変な作業をしてましたもんね。
しかしながら、F1から撤退する流れは非常に寂しいです。
その昔、日本勢はホンダが最強を誇っていた時代もありました。ホンダのターボエンジンが余りにも強すぎて1位〜4位すべて独占、ホンダのF1エンジン無くしては総合優勝を狙えない(実際マクラーレンホンダが16戦中15勝)とまで言われ、圧倒的過ぎてターボが廃止になりました。
最強時代のマクラーレンホンダ
そのホンダも2008年に撤退、そして今シーズンのトヨタの撤退により、また楽しみが1つ無くなります。
景気が本当に回復したとき、また復活して欲しいものです。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。 
posted by たっきー at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

石原都知事、不用意発言で国際的非難。

オリンピックの招致に失敗した石原都知事ですが、「条件をそろえるだけでは勝てない。政治的なものが必要。昔の自民党の総裁選みたいに」と敗因を語った。
デイリースポーツオンラインリンク
問題発言はこの後ですが、「ブラジルの大統領が思い切った約束をアフリカの諸氏にしたようだ。サルコジ大統領は『戦闘機を買ってくれたらブラジルを支援する』と言ったという。政府も巻き込んで周到な準備をしないと」と語り、これが原因でブラジルから抗議を受けています。
nikkansports.comリンク
石原都知事の発言に関しては、これまでも様々な暴言などが問題になったりしていますが、あまりにも不用意ではないのか?と思ってしまいます。
しかし・・
実際は本当なのかも知れません。
リオは夏季五輪開催地発表の日、“すべての学校・仕事を休みにして国民全員で声援を送る”ということをしていました。決まるかどうか分からない状況で、このような事を普通するでしょうか?それをテレビで見た時に「まるで決まった様なお祭り騒ぎだな」って感じましたしね。そしたらリオに決定。
出来レースである可能性は否定できません。
オリンピックの招致に関しては、常に黒い疑惑が付いてまわりますが、これから発展する国での開催は良いことだと思います。
日本も東京オリンピックで活性化しましたしね。
ただ心配なのは、ちゃんと開催出来るのか?ってことだと思います。
去年の北京オリンピックがいまいち盛り上がらなかったので、リオには頑張ってもらいたいです。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

中川昭一元財務大臣が死亡。

この方も愛国者だったようです。
アメリカから圧力を掛けられ、毎月米国債を購入させられていた時に購入をストップ、実質的に貢ぐのを止めたのが、この中川昭一元財務大臣です。
それでアメリカの怒りを買い、例の泥酔会見へと繋がります。

中川大臣のワインの中に何らかの薬物を飲ませたのは、財務省国際局長の玉木林太郎であり、この官僚と「特別に親しい関係」の読売新聞経済部の越前谷知子という女性記者(36歳)だ、と副島隆彦さんの著書・日米「振り込め詐欺」大恐慌で暴露されています。その後、越前谷知子記者は行方不明。

この政治謀略により中川昭一元財務大臣は失脚する事となったんですが、復活することなく、亡くなられました。

副島隆彦の学問道場
(10/04記事より引用)
副島隆彦です。今朝10時頃、弟子のひとりから、中川昭一氏の死去の知らせをもらった。 中川昭一は立派な政治家だった。

 自殺か病死か、あるいは殺人によるものかは、今はまだ何も分かりません。 日本国にとって、大切な立派な愛国者の、若手の政治家を失った、と私は残念に思います。中川昭一が、どれぐらい立派な政治家であったかは、私は自分の本で書いてきました。

彼の霊が安からであることを祈ります。あるいは、荒ぶる怨霊(おんりょう)となって、日本を食い物にしてきたグローバリスト(地球支配主義者)どもを、いつもこの世にいて、私たちを守ってもらいたい。

 立派な国民政治家(民族指導者)は、人々に惜しまれながら早く討ち死にします。中川昭一にだけは、今度の選挙で落ちてほしくなかった。
かわいそうな非業の死だと思います。中川昭一氏を追悼します。
(引用ここまで)


まさに非業の死です。
中川昭一氏に合掌。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

福見友子“金メダル獲得”柔道ロッテルダム世界選手権・初日。

初日の結果。

女子48kg級
⇒福見友子・金メダル

男子60kg級
⇒平岡拓晃・銀メダル

男子66kg級
⇒内柴正人・3回戦敗退

女子48キロ級に初出場の福見友子が金メダルを獲得しました!

実は私も柔道出身なので、今日は世界選手権の記事を書きます。

この階級は、ずーっとずーっと長きに渡って“女王”谷亮子が君臨してきた特別な階級です。福見は16歳の時と07年の全日本選抜体重別で谷に勝利していますが、常に谷の実績が考慮されて、福見は代表に選ばれませんでした。
今までも谷亮子が強すぎて、オリンピックや世界選手権の代表に選ばれない若い選手が沢山いました。
今回、48キロ級で谷以外の選手が選ばれるのは89年大会以来、20年ぶりだそうです!(これは凄い!)
もし谷が引退したら、福見がこのまま“女王”を引き継ぐことになるかもしれません。

個人的には谷に頑張って欲しいんですけどね。。。

平岡は3戦連続で一本勝ちして準決勝は優勢勝ちしましたが、決勝で敗れて惜しくも準優勝。でも誇れる銀メダルです。

そして内柴、まさかオリンピック2連覇の内柴が、3回戦で負けるとは思いませんでした。
しかし、勝負は時の運です。
「勝った、負けたで引退を考えることはない」と言っていますので次に期待しましょう!

そろそろ二日目の試合が始まりますが、明日気が向いたら書きます(笑)

日本柔道万歳!そして頑張れっ!!
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

小室哲哉が復帰!エイベックス主催の“a-nation”に出演。

22日、味の素スタジアムで開かれた
エイベックス主催の「a-nation」に小室哲哉さんが出演しました。
今年5月に執行猶予付きの有罪判決を受けて以来、公の場での演奏は初めてだそうです。
産経ニュース記事リンク
(産経ニュース記事より引用)
この日は小室さんのほか、浜崎あゆみさんやTRF、東方神起などが出演した。

午後6時20分ごろから、白の衣装で舞台に上がった小室さんは、ソロでのピアノ演奏のほか、「globe」の一員として、妻のKEIKOさんが歌う楽曲「FACE」や「Many Classic Moments」に合わせ、エレキギターなど弾き、再起をアピールした。

ピアノ演奏の後、深々と頭を下げた小室さんは、「大変迷惑をおかけしました。ピアノを弾ける環境をつくってくれたこのステージに、そして耳を傾けてくれたみなさんに感謝します」とあいさつ。観客から、「おかえりー」と声援が飛んでいた。
(引用ここまで)


小室哲哉さんの曲は、私が高校生の時から20代の後半まで、かなり思い出があります。
逮捕されたときは非常に残念でしたが、これをばねに是非、再起して欲しいと思います。
才能があるんだから。
この状況でも、支えてくれる人たちがいるということは案外、早く復活できるかもしれませんね。
期待しています!

そういえば、マークパンサーはどこにいったのか?
マークが心配だ。。。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。