2010年02月28日

チリ大地震による津波の影響が出始めた。

午後1時過ぎ頃からチリ大地震による津波が観測されました。
各地の津波予測が出ていますので、参考にして下さい。
yahoo!天気情報
各地の津波情報

すでに何ヶ所かで津波の第一波が観測されていますが、第二波の方が危ないようです。テレビで海沿いの映像が流れていますが、海から水が逆流して川上に向かって海水が押し寄せている地域もあって、かなり注意が必要。

気象庁によると18時頃には全国で第二波が来るそうです。海辺の人はしばらく避難した方がいいですね。私の家は海から遠いので一応大丈夫そうです。

地球の反対側で起こった地震で、日本まで波が押し寄せてくるというのも自然の凄さを感じさせられます。何もない時の海は非常に穏やかですもんね。

この地震も地球温暖化のせいにされそうです。

第二波には気をつけて下さいね。最初の波より強いそうですので。

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

沖縄に続き南米・チリでマグニチュード8.8の大地震。

今度は南米・チリで大地震です。
CNN.co.jp
南米チリでM8.8の地震、死者増加 ビル倒壊など被害甚大か

チリはこの大地震でかなりの被害が出てる模様ですが、50年ぶり(1960年(昭和35年)5月22日以来)の大地震です。前回の大地震はマグニチュード9.5と強力で有史以来の世界最大規模の地震で、日本にまで津波の被害をもたらしました。

今回も津波による影響があるのか今の時点では不明ですが少し心配です。

しかし、今朝の沖縄での地震はびっくりしました。沖縄は普段ほとんど地震がなく、今回くらいの揺れ(震度5弱)でも99年ぶりだそうです。被害も世界遺産(勝連城)の石垣が一部崩落しましたが、思ったよりすくないようで良かった。
asahi.com
沖縄で震度5弱 世界遺産の石垣、一部崩落


ここ近年、世界中で起こる大規模地震のほとんどは“HAARP”を用いた人工地震であると言われています。今回の沖縄とチリの地震も人工地震の可能性がありますので、詳しく分かったらまた書きますね。

今は落ち着いていますが、また揺れたら心配です。

おー怖っ。

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただいま沖縄県で強い地震!

びっくり!沖縄で震度5弱・マグニチュート6.9の地震がありました!感覚的に10秒以上揺れましたが、こんな地震は沖縄で初めてです。いま自宅でお酒呑みながら待機してます。

人工地震の可能性あり。
posted by たっきー at 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

TBS「総力報道!THE NEWS」打ち切り決定!

自民党の“御用キャスター”として有名な後藤謙次氏と、フリーになったばっかりの“まやや”のコンビで注目されたTBS「総力報道!THE NEWS」でしたが、偏向報道ばかりが注目され、めでたく打ち切りとなる模様です。
小林麻耶ショック…視聴率低迷TBS報道番組打ち切り(gooニュース)
ちなみに「THE NEWS 偏向報道」とグーグルで検索すると76,700 件、「後藤謙次 偏向」だと16,800 件程出てきます。
グーグルで「THE NEWS 偏向報道」と検索してみる。
Google

民主党(特に小沢一郎が嫌いのようです)の印象が悪くなるような映像やコメントを、これでもかと言わんばかりに執拗に垂れ流していましたが、視聴者から見切りを付けられ、このざまです。
私は“まやや”が好きなので見ていましたが、フリーになって一発目がこれではとても可哀相でなりません。
ぜひ、まややだけ他の番組で再出発してもらいたいです。
このような偏向番組の視聴率が低迷している理由としては、見る人の目が肥えてきたからであると思われます。
過去記事
TBS「THE NEWS」“偏向報道”の醜さ。〜でも“まやや”は好き。

報道とは公平・中立というのが原則のはずですが、それを無視して偏った結果がこれです。
4月からの新番組が見ものですね。
期待しないで楽しみにしておきましょう(笑)
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

ダライ・ラマ“来沖”那覇市で講演。

5日、ダライ・ラマ14世が初めて沖縄に来ました。
インタビューでは「既にアジアでは全体主義的考え方、軍事力崇拝の気持ちは失われている。民主主義が広がり、より開かれた透明性のある世界が実現した時、当然沖縄の基地もすべて無くならねばならない」と話し、アジアの民主化に伴い、基地は撤廃されるべきだと強調した。「基本的に力を使うのは時代遅れ」と軍事力による問題解決を批判し、対話による平和的手段を主張した。(琉球新報11月6日記事より)

那覇市で行った講演では「基地から発生する事件・事故・犯罪に関して、米国のリーダー達も、もっと関心を払って欲しい」と強調し、さらに“平和の礎”を訪れた印象として「日本兵だけではなく、米国の兵隊の名前も同じように刻まれ、人間性の精神が本当に実践されている。敵、味方の区別なく、同じ1人の人間として米兵の名前も心から追悼の意を持って刻まれているのはポジティブな意味を持つ」と高く評価した。
そして自身の経験から、どんな国や地域の人も「人間はみな同じ。優しさの種は母や母のような人からの愛情だ。それを内側から育てないといけない。すべての人はその愛情をはぐくめる同じ可能性を持っている」と語った。(琉球新報より引用)
ノーベル平和賞を受賞したチベット仏教最高指導者であるダライ・ラマが沖縄に来るのは初めてです。「形式張ると皆さんとの間にバリアができるから」と会場を和ませながら話すダライ・ラマの姿に“平和な未来”予感せずにはいられない何かを感じました。
今はまさに時代の大変革の真っ只中なのかもしれません。これからしばらく、平和とは何か?を改めて考えてみようと思います。ダライ・ラマありがとう!
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 04:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。