2010年04月09日

さらに過熱する「子宮頸がんワクチンビジネス」=栃木県の小学校で集団接種開始=

新型インフルエンザ問題が思ったより早く集結し、インフルエンザワクチンで儲け損ねた利益分を取り戻すべく始まったとみられる子宮頸がんワクチン接種のキャンペーンですが、いよいよ過熱してきました。

今日4月9日は“子宮の日”だそうで、テレビでも子宮頸がんワクチン接種をススメる報道がされていましたが、ワクチンの副作用の説明は一切なし。危険です。そして6日の報道ですが、栃木県大田原市が来月から小学校6年生の女子児童340人余りを対象に集団接種を行うと発表、4万5000円の接種費用は全額公費で負担すると決定しています。

NHKニュース
子宮けいがんワクチン 小学校で集団接種へ


絶対見るべきサイト(子宮頸がんワクチンの副作用について)
ワールド・ブロガー協会
THINKER


まず、子宮頸がんの原因であるヒトパピローマ・ウィルス(HPV)ですが、アメリカでは性交による感染症で最も多い病気であり、定期的なパップスメア(子宮頸がん検査)を受けていれば初期段階で捉えられると指摘されています。

何でワクチンを接種しなければならないのか?疑問部分としては
著名科学者が警告するHPVワクチンの危険性より引用します。
(引用ここから)

1. そもそも、非常に稀なタイプの癌の予防である。

2. 予防対象のウィルスは、98%の場合、子宮頸癌の原因でないウイルスである。

3. 定期的な婦人科検診を推進すれば、簡単に発見・治療できるタイプの癌を防止するものである。

4. 安全な性習慣の促進によって実現できるほどの予防効果もない。

5. ワクチンは約三年間の予防価値しかないかもしれないのに、性的活動を始める前の年齢の少女に対して推進されている。

6. HPVの100種類以上のウィルス株の内、たった4種類の予防にしかならない。その全種類が、90%以上の症例で、身体本来の力で対処可能なものである。

7. 安全だと証明されて「いない」。例えば、癌を発生させたり、不妊症になる可能性があるかは誰にも分からない。
(引用ここまで)

など、あえてワクチンを接種すること自体に疑問が持たれており、さらには接種後に死亡するなどの重大な副作用も問題視されています。

もう1つ。重大なこと。「行政側がススメるから安心ということは無い」ということをよく考えないとダメです。ついこの間の新型インフルエンザの大騒ぎの時に、新型インフルエンザ諮問委員会が記録を残していなかったことが判明。何のデータも残っておらず、インフルワクチンの効果・副作用など、次に教訓として活かすつもりがさらさらない事までバレました。

時事ドットコム
新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議−非公開の10回検証困難


過去記事
子宮頸がんワクチンの重大副作用による危険性。〜ワクチンから身を守る時代到来〜


今後、子宮頸がんワクチンの推奨はさらに過熱するものと思われますが、よく調べて接種するかどうか判断して頂きたいと思います。知らないという事が一番怖いですよ。

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

子宮頸がんワクチンの重大副作用による危険性。〜ワクチンから身を守る時代到来〜

子宮頸がんワクチンについて、急いでお知らせした方が良さそうなので書きます。子宮がんを予防するワクチンが相次いで発売されていますが、そのワクチンによる重大な副作用と死亡例が増加して問題になっています。

THINKER
子宮頸がんワクチンの危険性

阿修羅掲示板
子宮頸癌予防ワクチン 「最悪の副作用は、接種直後に死亡する可能性があること」と言われたら?

(阿修羅掲示板の記事はコメント欄まで読んでくださいね。)

このワクチンはインフルエンザのワクチンと同じく、効果を得るどころか“重大な副作用”が指摘されているにも関わらず、あらゆる媒体で接種を推奨されている代物です。

例えばこんな感じ↓
ワクチンの助成を訴えるサイト
新ワクチン 重い自己負担…細菌性髄膜炎 6万円、子宮頸がん 4万5千円


本当に重いのは自己負担ではなくて“副作用”のほうです。医者と製薬会社は儲かるが、重大な副作用を被るのは患者さん。新型インフルエンザの問題が沈静化し、金儲け重視の製薬会社と医学界が新たな市場を開拓すべく目を付けたのが、この「子宮頸がんワクチンビジネス」です。

新型インフルエンザの時と同じく“医療詐欺”であることは間違いない。「THINKER」のサイトでも指摘されていますが、アメリカの「バイエル」や「バクスター」などの製薬会社が、エイズウイルスの混入した薬剤を意図的に輸出したことが明らかになっていますし、アメリカ国内での販売が禁止された同薬剤を利益のために海外に販売していた事は知られています。

命に関わることですので、ワクチンを接種をする前にぜひ、じっくり調べて判断すべきです。インフルエンザもワクチンによって沢山の人が亡くなっています。決してたまたまではありません。多くの情報を共有して、“お金を払って不健康になる”道を断ちましょう。みんなでやれば、いくらでも出来ます。良い知識を共有していきましょう。特にワールド・ブロガー協会のサイトは勉強になりますので、必ずのぞいて見て下さいね。真実を知る事が出来ます。
ワールド・ブロガー協会

知識と知恵の共有こそが人類を救う唯一の方法だ!

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

辛味成分で老化防止!あのツーんと来る“わさび”の驚くべき効能。

みんな大好きワサビ!(ホントか!?) 私は醤油ある所に必ずわさびを付け足す、大の“わさび好き”です。どろどろのワサビ醤油に刺身をひたし、鼻を突き抜ける激しい刺激(ツーんと来るあれ)を堪能しながら味わうその瞬間は何とも言えません。理解出来ませんか?美味しいですょ。
その山葵(わさび)ですが、実は老化防止に役立つことがわかりました。
時事ドットコム
ワサビの辛みで老化防止?=健康食品などに応用期待−中部大


(転載)
 ワサビの辛み成分が、がんや糖尿病などの病気予防や老化防止に役立つ可能性があることを、中部大(愛知県春日井市)の三輪錠司教授らの研究グループが線虫を使った実験で突き止めた。新たな健康食品の開発などへの応用が期待されるという。米オンライン科学誌プロス・ワンに17日(米国時間)掲載される。
 三輪教授によると、生物の遺伝子や細胞は、喫煙や農薬などから摂取される毒物や、エネルギーを生み出す際に発生する活性酸素で傷つく「酸化ストレス」にさらされている。過度の酸化ストレスを受けると損傷が蓄積され、がんや糖尿病などの病気だけでなく、老化の原因にもなると考えられている。
 三輪教授らは、線虫に農薬などの酸化ストレスを与える実験を行った。そのままだと線虫は死んでしまうが、ワサビの辛み成分「アリルイソチオシアネート」(AITC)を与えると、酸化ストレスを排除するための酵素が活性化。与えなかった線虫に比べ、生存率は3時間後で約2倍、5時間後では約3倍になるなど大幅に上昇したという。(2010/02/17-10:12)
(転載ここまで)

どうやら、あのツーんと来る辛さ(刺激)が効くようです。そしてわさびはは他にも様々な効果があるんですよ。

⇒山葵問屋の米澤商店
(引用)
◇食欲増進作用

食材の味を引き立て、食味を良くするとともに生臭さを消し、味覚と嗅覚を刺激して食欲を増進させます。
◇抗菌作用
わさび主成分のアリルからし油はO157、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオなどの食中毒起因細菌に対して極めて高い抗菌作用をもちます。その殺菌力は太陽に次ぐとも言われています。
◇抗カビ作用
食パンや餅を入れた密閉容器の隅に、2-3gのわさびを置くだけでカビの繁殖を抑えることができます。
◇ビタミンB1の増強
糖質の代謝に使われるビタミンB1の合成を増強します。目の疲れ、肩や腰の痛み、ストレス軽減に効果があります。
◇消化吸収促進
わさびの辛味は唾液の分泌を促し、消化液の分泌を高め、食物の消化吸収を促進します。
◇ビタミンCの安定化
ビタミンCの酸化抑制作用があります。またわさびにはビタミンCの含有量が多く還元作用によってメラニンの生成を抑え、肌を白く保ちシミ・ソバカスをなくす効果があります。
◇ガン予防
細胞のがん化を促進する肉や魚の焦げ物質を分解する作用があります。
◇血栓予防
主成分による作用で、血液中の血小板の凝集を抑制し、血液凝固を防ぎます。血液をさらさらにし、動脈硬化などを予防します。
◇老化防止
老化やがん化を引き起こす活性酸素の分解作用があります。
(引用ここまで)
いやー何とも頼もしいですね。益々わさびが大好きになりそうです。ある程度の食中毒などもわさびで防げますし、お酢を加えるとさらに殺菌力は強まるので心強い!

ってゆーか美味しいから今までそうしていただけなんですけどね。でも、あまり山葵を使いすぎると舌がビリビリして大変ですから気を付けましょうね。

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

日本人の健康と食文化を破壊するアメリカの小麦戦略。

近年、食品についての不安(不信感)などが高まっていますが、本当に安全な“もの”を私達は食べているのでしょうか。マッド・アマノのパロディータイムズ「食と健康」のページで非常に参考になる本が紹介されています。

マッド・アマノのパロディータイムズ(食と健康)
食生活を改善すれば健康になる


「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活

この本によると「アメリカ小麦戦略」とは

★ アメリカの官民挙げての、日本を標的にした極めて政治的な農産物、家畜飼料の売り込み作戦であった。

★ その作戦内容を知ると厚生省が何故これほどまでに欧米流栄養学の普及に熱心であったか理解できる。バン、牛乳、肉類、卵、油、乳製品等のいわゆる洋食材料の供給元はアメリカで、それらの食品を日本ですんなり消費してもらうには、何故それが優れた食品であるかの科学的説明が必要だった。そのために欧米流の栄養学(いわゆる現代栄養学)が最大限活用され栄養学校で教育され、欧米流食生活が望ましいと繰り返し国民は啓蒙された。
(まえがきより抜粋)

つまり、現代栄養学とは、欧米の食品を日本で売りさばく為に“あと付けされた理論”であるということです。そして我々が子どもの頃、毎日の給食で飲まされ続けた牛乳も実は体に良くないという事実も少しずつ知られるようになってきました。

シリーズ 切れる子どもをつくる食生活@
牛乳が子どもの体と心を蝕む

このサイトの中で、私が最もうなづいた所が「牛乳は牛の子どもが育つためのものであり、人間の子どもが育つためのものではない。」のところです(笑)ごもっとも。

牛乳を飲むことにより、体の中にあるカルシウムが体外に排出されるという、一般常識とは全く“逆の効果”を生み出す事をどれだけの人たちが理解しているのか。

そして小麦戦略ですが、アメリカは自国の食品を日本で売りさばくだけでなく、日本人の健康を阻害(破壊)することにも成功しています。死なない程度に不健康にすることにより、薬や医療品をさらに売りつける。

ここから悪循環が始まります。
食品で健康を害する。→薬を使う。→よけい体が弱る。→新しい病気が出る。→さらに薬をつかう。となります。

今の医療の現状がまさにそうですが、逆に薬を止めると病気が治ったという、これまた“一般常識とは正反対”の現象も起きています。
もっと言えば食品を見直せば病気に罹りにくくなるということです。薬に頼るのはやめましょう。

本やサイトの記事はとても参考になりますので、ぜひ読んでみてくださいね。

ちなみに、マッド・アマノのパロディータイムズの投稿『医療にクレーム!』の掲示板に私も投稿しています。健康に興味のある方は投稿してみてはいかかですか。
マッド・アマノのパロディータイムズ『医療にクレーム!』

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

ワクチン接種後にインフルエンザに感染、さらに死亡。

鹿児島県で、ワクチン接種後に新型インフルエンザに感染した30代の女性看護師が死亡したと発表がありました。
ワクチン接種後に感染、死亡=国内初(時事ドットコム)
この女性看護師は医療従事者であるため、季節性・新型の両方のワクチンを接種しておりました(させられた)が、ワクチンの効果が出始めるとされる接種3〜4週間後に感染したことになり、いかにワクチンの効果がないかわかります。
死因はインフルエンザ脳症とされていますが、インフルエンザ自体では脳症になりません。
“インフルエンザ脳症”は日本だけ!?〜実は“薬害”の事実。
解熱剤が原因と言われるライ症候群とも考えられますが、この方はタミフルを処方されており、いわゆる“タミフル脳症”である可能性が疑われます。
タミフル脳症とは(タミフル脳症被害者の会)
今回、国内で初めてのワクチン接種後にインフル感染・死亡とのことですが、今後は同じような事例がどんどん出てくるものと思われます。ワクチンは効果が無く、副作用の出る可能性が高いということを認識しておかないと、我々国民は都合よく騙されます。
タミフルに関しても、新型インフルエンザで死亡したとされている方の殆んどが“タミフル”及び“リレンザ”を処方されており、薬が原因で死亡したと考えるのが妥当です。
元から危険といわれている“お薬”ですからね。

それともう1つ。

タミフルやワクチンも、備蓄という名のもとに税金で買い溜めされます。
しかし、病院や薬局で処方された時点でもお金を払いますよね?(つまり買わされる)
これってオカシクないですか?
手数料的なものを考慮しても値段が高すぎるし、明らかに2回お金を払っています。
ワクチンなど原価350円だそうですが、病院で打つときは平均“3000円”取られます。効果の無い危険な注射が“3000円”です。
私はいりませんけどね(笑)
インフルエンザに関わる巨大利権の解明こそが、“事業仕分け”で明らかにされるべき項目であると、みなさんも思いませんか?
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。