2011年06月19日

大震災と原発事故の予言?=地球核力激震10年=

前に書いた記事が消えてなくなったので、同じ内容でもう一度書きます。

3月11日に東日本大震災が起きましたが、これを予知していた本が見つかりました。

この本は以前、船井幸雄さんが「この本スゴイよ!」言っていたので買ったんですが、いろいろ予測が当たっています。たとえば・・

(ここから引用)
=2011年の予測=
◆超大火災、世界争乱の大危機。
◆伝染病蔓延の脅威。
◆大火、核事故、隕石による危機。
◆国際関係の矛盾を一気に変換せざるを得ない極めて大きな歴史の節目。
◆自己矛盾を抱えながら、無理矢理に新潮流を興す激動の一年となる。
◆三月に劇的なサイン、九月に大結論。

(引用ここまで)

どうですか。「超大火災」「世界争乱の大危機」「核事故」は東日本大震災による被害と、原発事故による影響と解釈できますし、「自己矛盾を抱えながら、無理矢理に新潮流を興す激動の一年」とあるのは、原発行政の矛盾を抱えながら自然エネルギーにシフトしようとする様とも取れます。そして来年ですが・・

(ここから引用)
=2012年の予測=
◆大水害、水脈汚染による危機。
◆各国家内の権力闘争と南北国家間の紛争調整の一年。 
◆前年の未解決の矛盾をそのまま引きずる不穏内蔵の一年。
◆浮いた民意、極めて暗い一年、逼迫困窮した社会事情が翌年を激動に導く。

(引用ここまで)

とあります。「水脈汚染による危機」とは、恐らく放射線によるものと想定出来ますし、「前年の未解決の矛盾をそのまま引きずる」というのも原発関連の出来事と解釈できます。「極めて暗い一年、逼迫困窮した社会事情」も目に見えるでしょう。

2011年の「三月に劇的なサイン」は間違いなく東日本大震災のことですし、かなり当たっていると思います。これから注意するとすれば、「九月に大結論」の部分です。九月に何らかの出来事が起こる可能性があるので、気を引き締めておく必要がありそうです。

興味のある方はぜひご一読下さいね。

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震発生=過去最大級=

3月11日(金曜日)午後2時46分頃、三陸沖を震源とするマグニチュード8・8(震度7)、日本で観測史上最大の地震が発生しました。現在も混乱中ですが、かなりの広範囲に被害が及んでいる模様です。

どこのテレビ局も特別報道番組をやっていますが、とにかく被害の状況が酷い。津波の影響で建物は水没、行方不明者多数、千葉のコンビナートは爆発・炎上、気仙沼は大規模火災でいまだに鎮火する気配なし。そして福島の第一・第二原子力発電所では放射能漏れの可能性ありということで運転停止、近隣の住民には避難指示が出されています。(ちなみに東京ディズニーランドは液状化現象により地面がドロドロ)

東北地方と関東全域は現在も断続的に余震が続いており、油断は出来ません。

それと新しい発見がありました。地震のあと、電話やメールがパンクして繋がらないという状態が長時間続きましたが、ツイッターはずっと繋がっており、リアルタイムで全国の状況を把握できることが分かりました。

つまり、現地の人に電話とメールが繋がらなくても「ツイッターが使えればリアルタイムで連絡が取れる」という事です。もちろん、絶対大丈夫という訳ではありませんが、少なからず通信手段としてのスゴイ価値はあると感じます。

それと、ツイッター上ではずっと地震関連情報(例えば緊急避難場所の案内や現状の最新情報など)が流れており、テレビ・ラジオが使えない状況にある人にも何をどうすれば良いのか分かります。ぜひ皆さんも活用して下さいね。イザという時に役立つと思いますよ。

ツイッター

震災の続報は、暫く様子をみて書こうと思います。

東北地方太平洋沖地震まとめ
東北地方太平洋沖地震 @ ウィキ

今年初の記事が、まさかこんな大震災の記事になるとは。。。

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 03:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

2010 年3月30日は今年2度目の“幸運の月”ブルームーン。

またまたお目見えします、あの月が!今年2度目のブルームーンが3月30日にやって来ます。

ブルームーン.jpg

前に書いたブルームーンの記事
2010 年1月30日に訪れる幸運な青の月“ブルームーン”

ブルームーンとは、ひと月に2回満月になるときがあり、その2回目の満月をブルームーンと言います。3〜5年に一回の割合でしか見られないため“幸運の前兆”とか“幸運の月”とか呼ばれていますが、このブルームーンが1月30日に続き、もう一度出現します。

ただでさえ珍しいブルームーンですが、一年に2回も観られるのはさらに稀です。大気の状態により本当に青く見える場合もあるようなので、青く見えるように期待しています。

せちがらい世の中。このような、ささやかな楽しみで心を癒してみるのも良いと思いますよ。ぜひ3月30日は“幸運の月”を観てみて下さいね。

晴れたらいいなぁ

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

2010年1月30日に訪れる幸運な青の月“ブルームーン”

最近、昼ドラの「Xmasの奇蹟」にハマッて、ほぼ毎日見ていました(笑)
このドラマは途中から見出したんですが、昼ドラなのにストーリーがドロドロしてなくて、個人的にとても大好きで食い入って見てました。

ドラマ内で使用されている曲を携帯の着うたで探してもなかったので、ついにCDまで購入(笑)

これ⇒Xmasの奇跡 オリジナル・サウンドトラック

「Xmasの奇蹟」サウンドトラックで、青の月・黄の月・赤の月・その他全41曲が収録。
コーニッシュさんの作曲・演奏なんですが、曲が綺麗な上に物凄い迫力で圧倒されます!ぜひ聴いてみて下さいね!

話が全くそれてますが、本題はこのドラマで使われた曲“青の月”の由来です。ひと月に2回満月が出る時があり、その2回目の満月を“ブルームーン”と呼ぶそうです。

そして“ブルームーン”はまれにしか観られないことから“幸運の兆し”と言われているんですが、なんとその“ブルームーン”が今月の1月30日にやって来ます。
2010年は幸運の兆しであるブルームーンが2回も起きる、ラッキーな1年です!(アメーバニュース)

しかも私は知らなかったんですが、大晦日の綺麗な満月も実は“ブルームーン”だったようです!これは縁起がいい!ドラマ内で使われた新聞記事が、そのまま実話になっていました。

青の月を聴きながらブルームーンを観る。。

どうですか?

天気が良くてブルームーンが観れたらいいですね。

私にもみなさんにも幸運が訪れますように。。

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 23:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

美人が知らせる癒し時計サイト“bijin-tokei”

面白いサイト見つけました。

画面をクリックすると、

今の時刻をボードに書いた女の子が1分ごとに出てきます。

bijin-tokei”リンク

24時間表示するためには1440人必要なんですが、

いま現在は360人が登場するそうです。

気晴らしにでも見てみてくださいね!

ちなみに男性版“イケメン時計”も企画しているそうです。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。