2010年10月18日

チリ鉱山落盤事故の作業員33人が無事救出!=奇跡の救出劇の裏にチリ政府の壮大なヤラセの可能性=

こんばんは。みなさんお久しぶりです。
小沢一郎総理の夢破れ(まだチャンスはある)、ブログを更新するのも面倒になっていた今日この頃ですが、テレビのニュースを観ていて、ある疑問が湧いてきたのでちょっと書こうと思います。

チリ鉱山落盤事故のニュースを観ている最中に幾つか不自然に感じるところがありました。まずは一番最初に救出された作業員がカプセルから地上に出てきた時に思ったことなんですが、「何でヒゲが整っているんだろう?」そして「何で痩せてないんだ?」という疑問。

地下700mに70日余りも閉じ込められていたんです。私はてっきり髭ボーボーのガリガリに痩せ細った人が出てくるものと思っていましたが、違った。ガッチリした体格の男性が髭を整えて出てきたんです。

落盤事故がおこって暫くしてから救援物資が送られるようになり、それからは食べ物にも困らなくなったとは思いますが「地下に閉じ込められた精神的苦痛」や「糞尿による悪臭や不衛生な環境」や「飲み水は機械油の混じった地下水」という現実?を考慮すると、間違いなく人間は極限まで弱ると考えるのが自然です。救出されると判っても実際地上に出るまでは安心できず食欲も湧かないだろう。何で髭を整える余裕があるのか?

しかし、さらに驚いたのは二人目の作業員が出てきた時です。太った人が出てきて飛び跳ねながら大声で叫んでいる!これを観てビックリしました。

なぜ筋力低下してないのか?

当然ですが運動する場所もないし、殆んど座った状態か横になるしか出来ないでしょう。出来るだけ体力を使わないようにするのではないか?いつ助かるかも分からない精神状態で筋トレなども出来るはずもなく、本来なら著しい筋力低下が見られるはずですが、大きな人が飛び跳ねている・・・

この疑問をどう解釈しようか。

今回の救出劇のお陰で、低迷していた大統領の支持率が大幅に上昇したそうな。しかも被害者全員無事という奇跡的な形でです。映画化も決定している。映画化などの話は問題が解決してから、もしくはある程度先が見えてから決まるのかと思っていたら、事故が起こってすぐに決まったそうです。

早くない?

しかも政府との契約で、作業員は地下での出来事なども話してはいけないそうです。

しかし、もし計画的な事故だと考えると、いろいろ辻褄は合う。大きな事故なのに死者がいないのも納得だし、予め地下で暮らせるように快適な設備が整っていたとすれば・・・
映画化の話も最初から用意されていたとすれば・・・
全て段取り済みだとすれば・・・

作業員が政府に損害賠償を求める裁判をおこすとの報道がありましたが、もしそうなれば合法的に堂々と損害賠償という形で報酬を払えることになるし、「キチンと保障をする立派な政府」として大統領の支持率もまた上がるという妄想まで働きます。

まぁ、今の段階では推測にしか過ぎませんが、あながち間違っているとも思えません。
疑念は残りますが、良くも悪くも真実は表に出てくるでしょう。

とりあえず、全員無事に助かって良かったですね。

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
スポンサードリンク
posted by たっきー at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。