2010年03月19日

民主党副幹事長・生方幸夫の茶番劇。

民主党の生方副幹事長が解任されましたが、予想(予定)通りテレビも新聞も「言論封殺だろう論」報道を展開しています。非常にバカバカしい問題でしかありませんが、ほったらかす訳にはいきません。
NIKKEI.NET
首相「党内規律守れない」 生方氏解任で執行部判断支持

生方は「小沢幹事長を批判したら解任された」と言い訳していますが、
本当に目を向けなければならない所は、副幹事長という要職にありながら党内で議論もせず、幹事長にも直訴せず、やるべきプロセスを一切経ずにマスコミに不満をぶちまけた事が理由での解任です。職責を放棄してやりたいようにやったら、民間企業であってもクビになるのは当然だ
裏切り者扱いされても仕方ない行動を取りながら、被害者づらする態度自体がもうダメでしょう。

さらには高嶋良充筆頭副幹事長との会話を自ら録音し、フジテレビに提供するような生方をそのままにしておく方が危ない。これは自爆テロの類と同じで、もはや政治に携わる資格すらない。こんな人間と一緒にまともな仕事が出来ると思いますか?

ちなみにこの生方はあの読売新聞社の出身で、いま現在も繋がりがあると強く疑われています。確信犯である可能性は高い。これから新たな事実が出てくるでしょう。

民主党は国民のために政治に集中しなければならない大事な時です。普天間の問題もある。テロリストまがいの人間を、一刻も早くどうにかしなければ、のちのち壊滅的な打撃を受けるのは目に見えている。

他の隠れているテロリストにも注意しながら、どうにか鳩山首相には頑張ってもらいたい思いでいっぱいです。

頑張れ総理!そして普天間基地は国外でお願いします!

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
スポンサードリンク
posted by たっきー at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。