2010年03月10日

とってもいいお話。〜匿名で盲学校にオルゴールの贈り物〜

このお話に私、感動してしまいました。甲府市の山梨県立盲学校には毎年、卒業式になるとオルゴールが届きます。どこの誰か分からない人から。
asahi.com
誰かさんから今年もオルゴールの贈り物 盲学校に46年

(ここから転載)
甲府市の山梨県立盲学校に今年もまたオルゴールが届いた。匿名の女性が45年前から毎年、卒業する生徒たちに贈り続けている。今年も10日の卒業式で、盲学校を巣立つ10人の生徒に一つずつ手渡される。どんな温かな音色が奏でられるのかは、木箱を開けてみるまでわからない。

 オルゴールが届くようになったのは、1964年に高等部の生徒がクラリネットをなくしたことがきっかけだった。新聞などで報じられると、新しいクラリネットが生徒に送られてきた。送り主は「一女性」。翌年の卒業式には、この女性からオルゴールが届いた。添えられた手紙には「クラリネットのことで、初めて盲学校のことを知りました。社会の荒波にもまれ、悲しいこと、苦しいこともあると思います。そんな時この小箱をあけて慰めの曲を聞いてください」とあった。

 それ以来、毎年オルゴールが届くようになった。「白鳥の湖」「星に願いを」「いい日旅立ち」「イエスタディ」――。丁寧に仕上げられた木箱から毎年違った名曲が流れる。

 今年も2月1日、女性から電話があった。学校側が卒業生の数と卒業式の日程を伝えると電話は切れた。今月4日、女性から頼まれたという男性がオルゴールを持って学校を訪れた。井戸和美教頭が卒業生ら4人の手紙を渡し、「女性はお元気にしていますか」と尋ねると、男性は「とても元気ですよ」と答えた。

 女性が、どこに住み、どんな人なのか全く分からない。ただ20年ほど前の手紙に「もうすぐ還暦です」とあった。今、80歳ぐらいとみられる。

 2年前、60歳で同校を卒業した南アルプス市のあんま指圧マッサージ院長、淡路久さん(62)は、今も1日に何度もオルゴールの奏でるパッヘルベルの「カノン」に聴き入り、感謝の気持ちがあふれる。

 今年、女性に感謝の手紙を書いた。「命をつなぐオルゴールの人と呼んでもいいですか。でも、匿名だと寂しい」

 オルゴールを手にした卒業生は600人以上になる。井戸教頭は「直接会って、卒業生とお礼を言いたい思いはあるが、匿名で贈り続けてくださる気持ちを大切にしたい」と話す。(柏原愛)
(転載ここまで)

いい話です。46年も続けている所が凄いと思います。

私もこういう人間になりたいと思い、精進を重ねることにしたいと思います。

全ての人々に幸せあれ!

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。

スポンサードリンク
posted by たっきー at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。