2010年03月09日

民主党と自民党の合体!〜暴走する渡部恒三の妄想〜

末期も末期。このお方の脳みその症状がどんどん悪化しているようです。
ダイヤモンド・オンライン
渡部恒三・前民主党最高顧問インタビュー「政権交代だけでは変わらない。民主と自民の垣根を超え、新たな“第一極”を目指せ」
民主党の「にせ黄門」↓

渡部恒三2 .jpg
このご老人はウケを狙っての発言だと思うんですが、“自民党と民主党の合併”を言い出し始めました。ここまで来ると心配になります。小沢一郎に民主党の最高顧問を外され、ずーっと根に持っているこのご老人は、何かあるたびに同じ民主党の小沢一郎を批判し、テレビでは「おたくは自民党の方ですか?」とツッコミたくなるようなコメントばかりしております。それでいて、何かあると「小沢くんとは友達ですが・・」という。私の知る限り、本当の友達とは批判ばかりしませんけどね。

女の嫉妬は怖いですが、男の嫉妬ほど醜いものはない。恥ずかしいを通り越して情けないです。かわいそう。

そしてこの可哀想なご老人は、「今にも沈み消滅しようとしている自民党と1つになって“新たな第一極”をめざそうょ」と理解不能、意味不明な事を言い出して反感を買っています。

民主党には何のメリットもない。

ちなみにこのご老人の本性を「地 獄 へ の 階 段」さんが説明されていますので、のぞいて見てくださいね。
乱痴気野郎の卑しき本性をネット空間に漂う情報で検証する@
乱痴気野郎の卑しき本性をネット空間に漂う情報で検証するA
乱痴気野郎の卑しき本性をネット空間に漂う情報で検証するB
乱痴気野郎の卑しき本性をネット空間に漂う情報で検証するC
乱痴気野郎の卑しき本性をネット空間に漂う情報で検証するD

このご老人は東北弁を駆使し“人の良さそうな政治家”を演出していますが、失敗しているようです(笑)

民主党は、常に内部崩壊を煽るこの“偽黄門”を早期に離党させないとダメージが大きくなることが予想されます。実際に工作活動に励んでおられますからね。

このご老人もやがて終わるでしょう。

さようなら偽黄門。

関連記事
反戦な家づくり「ついに自民との合併を言い出した渡部恒三」

人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
スポンサードリンク
posted by たっきー at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143183086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。