2009年11月04日

トヨタ2009年限りでF1から撤退〜そしてブリジストンも。

トヨタとブリジストンが世界最高峰の自動車レースであるフォーミュラ・ワン世界選手権「F1」から撤退するそうです。
トヨタは業績が低迷し2期連続赤字は避けられない状況のため、そしてブリジストンは低燃費など環境技術の開発へとシフトする考えであると発表。
トヨタ今シーズンでF1撤退へ
ブリジストン2010年の最終戦でF1撤退へ
トヨタは2002年よりF1に参戦、2005年にはコンストラクターズ4位、2009年シンガポールGPと日本GPでチーム最高成績となる2位になりました。
タイヤはブリジストンが1997年からF1に参入して、一気に雰囲気が変わったように思います。一昔前のピレリタイヤなんかは途中、ピットに持ち帰って皮むき(タイヤを削る)など大変な作業をしてましたもんね。
しかしながら、F1から撤退する流れは非常に寂しいです。
その昔、日本勢はホンダが最強を誇っていた時代もありました。ホンダのターボエンジンが余りにも強すぎて1位〜4位すべて独占、ホンダのF1エンジン無くしては総合優勝を狙えない(実際マクラーレンホンダが16戦中15勝)とまで言われ、圧倒的過ぎてターボが廃止になりました。
最強時代のマクラーレンホンダ
そのホンダも2008年に撤退、そして今シーズンのトヨタの撤退により、また楽しみが1つ無くなります。
景気が本当に回復したとき、また復活して欲しいものです。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。 
スポンサードリンク
posted by たっきー at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132046798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。