2009年10月08日

待って!そのワクチン本当に安全なの?「ワールド・ブロガー協会第3回取材会」

「ワールド・ブロガー協会ホームページ」より
(引用)
 新型インフルエンザの感染拡大が連日大報道され、政府はワクチンの大量輸入を検討しています。職場や学校、地域で予防ワクチンの接種が実施されようとしていますが、学会では副作用による被害こそ深刻とする報告も出ています。

 弊会第3回取材会では、医療現場の第一線で感染症対策に従事されてきた2人の医師を招き、「ワクチン接種の危険性とインフルエンザの誇大宣伝の実態」について聞きたいと思います。感染騒ぎの真相を国民に広く伝えていただけるよう、1人でも多くのブロガー・市民の参加をお待ちしています。

名称:「ワールド・ブロガー協会第3回取材会」

出演:元国立公衆衛生院疫学部感染症室長・医師  母里 啓子(もりひろこ)氏
              大阪赤十字病院小児科医師 山本 英彦 氏
(引用ここまで)
詳しい情報はこちら

「ワールド・ブロガー協会」についての説明

ワールド・ブロガー協会第一回取材会より
植草一秀さんは「政治権力は警察や検察、司法に加え、情報を支配している。これを打破しなければならない。明治維新は全国3000万人口のうちの3000人の志士が成し遂げたが、1万人の心の熱いブロガーが日本を変える潜在力を持っているのではないか」と語った。
You Tube画像
植草一秀さんの挨拶

今回は3回目の取材会となりますが、テーマはやはりインフルエンザ報道とワクチン(予防接種)の真実についてです。
私もインフルエンザの記事を少しばかり書いたりしていますが、このような大きな動きがあると期待してしまいます。
1人でも多くの人に真実を知って欲しい。
誰でも参加できるようなので、インフルエンザについて本当のことを知りたい方は、ぜひ参加されて下さい。
詳しい情報はこちら
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
スポンサードリンク
posted by たっきー at 20:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。