2009年09月17日

“インフルエンザワクチンは打たないで”

見つけましたこの本
インフルエンザ・ワクチンは打たないで!

以前から言われている“インフルエンザ予防接種のウソ”しっかり暴露されています。
本の帯には『ウイルスを学んだ者の常識です!効きません』とあり、
さらに
@日本で接種が始まった当初から効かないと言われていた。
Aインフルエンザウイルスは日々、猛スピードで形を変えているので、そのスピードにワクチンは永遠に追いつけない。
Bインフルエンザワクチンの致命的な限界=感染を防げない。
C「流行予測が当たれば効く」の嘘。
D「脳症や重症化を防ぐ」の嘘。
E「他人にうつさないためにワクチンを」の嘘。
F「打っておいた方がいい」どころか副作用が怖い!打たない方が安全安心。
Gそもそもワクチンは劇薬です。
H高齢者はインフルエンザを恐れなくてもいい。
Iインフルエンザワクチンは無くてもいい薬。儲かるからなくならない。

などなど、一般的には信じがたいことばかりですが、
元国立公衆衛生院・疫学部感染症室長である母里啓子さんがすべて詳しく説明しており、マスコミが絶対報道しない(出来ない)真実がたくさん書かれています。

マスコミや製薬会社は一生懸命インフルエンザ予防接種をすすめていますが、例えばカナダでは「インフルエンザは自然に治る病気です」と説明しており、アメリカでも今月8日、米疾病対策センター(CDC)が「健康な人は新型インフルエンザに感染しても、タミフルやリレンザなど抗ウイルス薬による治療は原則として必要ない」と発表。
さらにCDCのアン・シュケット博士は記者会見で「子供でも大人でも大多数は抗ウイルス薬は必要なく、自宅で休養することで治る」と述べた。

YOMIURI ONLINE記事リンク

この本の書評に関しては賛否両論ありますが、否定しているのはホトンド医者や製薬会社、あるいは関係者であって、しかも納得のいく説明が出来ていません。というより出来ないのでしょう。だってワクチンの効果が無いんだから。

ぜひ読んでもらいたい本です。
インフルエンザ・ワクチンは打たないで!
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
スポンサードリンク
posted by たっきー at 20:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 健康のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たっきーさん。いつも為になる情報をありがとうございます。毎回楽しみにしています。世の中の真実を見極めたいですね。
Posted by ワイルドマスター at 2009年09月17日 22:58
ワイルドマスターさんありがとうございます。応援コメント嬉しいです。まだまだ分からない事ばっかりなので、もっと勉強していこうと思います。これからも宜しくお願いしますね(笑)
Posted by たっきー at 2009年09月21日 20:49
私もこの本を読みました。
とてもやさしく語りかけるような素晴らしい本なのですが
理解できたような気になって
2チャンネルの新型インフル版に書き込んでみたんですが
、、、いろいろ非難を受けて、再度読み返し、
著書の内容を引用しつつ書き込んでいるうちに
やっと、もりひろ子先生の書いてらっしゃる内容が理解できるようになりました。
Posted by kino-ko at 2009年11月07日 17:24
kino-koさん、コメントありがとうございます。インフルエンザに関しては“真実”を書いている本が他にもあるので、読んでみる事をお勧めします。
そして、ワールドブロガー協会など、「マスコミが流さない本当の情報を共有する」サイトなどもありますので、情報収集の参考にして下さいね。役に立つと思いますよ。

ワールドブロガー協会
http://www.worldblogger.net/
Posted by たっきー at 2009年11月07日 18:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。