2009年11月30日

マヤ暦が示す“2012年”は人類滅亡!?それとも・・

このあいだ、久しぶりにテレビで“アンビリーバボー”見ました。
古代マヤ文明のマヤ暦について特集していました。
私はこのような話題は大好きです(笑)
天体観測に大変優れていたと言われるマヤ文明ですが、とても精密に書かれたマヤ暦の記載が“2012年の12月21日”で終わっていることから、地球滅亡説とか人類滅亡説の話題が取り上げられています。
マヤ文明とは(失われた文明 インカ・マヤ)
マヤ暦とは
私が思うに、マヤ暦が示すのは地球や人類の滅亡ではなく、“資本主義の崩壊”を示しているのではないのでしょうか?
アメリカが世界中にばら撒いた「時限装置付き金融核爆弾」(サブプライムローン関連商品及び仕組み債)が来年あたりから破裂しはじめます。そして年末ごろに中国が保有する米国債を売り払い、いよいよ米ドルの大暴落が始まります。
副島隆彦さんの予測(予言)によると、来年の年末に1ドル60円、2011年に30円、そしていよいよ2012年には“10円”になるとしています。「ドル亡き後の世界」より
とすると、一番大きなダメージを受けるのが2012年となり、マヤ暦はそれを示しているのではないかと勝手に私は思っています。(ちなみに現在のドル安は副島隆彦さんと植草一秀さんの共著「売国者たちの末路ですべて予測されている)
植草一秀の「知られざる真実」
アンビリーバボーでは、2012年に異常気象や電磁波(磁気嵐など)により、コンピューターがシャットダウンする可能性があると言っていました。
そうなると損害が数千億に及ぶとのことですが、今まで世界中に散らばった不良金融商品の総額が日本円で6京円にも上るとみられていて(1京円は1兆円の10000倍)、それを2012年マヤ暦問題に便乗し、コンピューターをシャットダウンさせて負債の殆んどをウヤムヤにする計画なのかと思いました。
もしそれが可能なら、掛る費用は数千億で済むことになります。
そうすると単純に9000億円くらい損害が出たとしても、そのままだと6京円のダメージを受けるわけで、数字にすると
60000000000000000

900000000000円

で済む可能性も考えられ、とても安くつきます。(全然ピンと来ませんね)
もちろん私の勝手な想像ですが、異常気象と磁気嵐については「HAARP」を使えば実際可能なだけに無視できません。
どっちにしても、2012年は“注目せざるを得ない年”になることは間違いないようですね。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球温暖化“捏造”疑惑噴出。しかしそれ以前の問題。

イギリスの有名な気候研究センター(イースト・アングリア大学の気候研究ユニット)の電子メールサーバーにハッカーが侵入、地球温暖化の研究に関する大量の電子メールを盗み、ネットに公開したニュースが出ました。
「温暖化は捏造」論争が過熱:メール流出で(gooニュース)
「地球温暖化」を疑う人が増加:データで検証すると?(WIRED VISION)
“これは捏造の証拠だ!”
という人たちと
“そんなことは無い!”
という人たちの議論が広がっています。(ホントはどうでもいい。いやよくないか)
実際の問題はそこじゃありません。
地球温暖化に関しては多くの“ウソ”がありますが、「地球温暖化が捏造」というよりも、まずco2(二酸化炭素)原因説が正しくない事を知る必要があります。
地球温暖化=co2(二酸化炭素)原因説
を唱えている学者は1割未満で、そのほかの9割以上の学者は
地球温暖化=太陽(黒点活動)原因説
を支持しています。
つまり、太陽自体が熱くなっているために地球も影響を受けるという、極めて自然な説です。
今現在、この事を強く指摘するマスコミはありません。
本来、二酸化炭素以外にも原因説があるならば、それについて議論や検証をする必要があります。
にもかかわらず、それどころか太陽原因説があることすら知らない人が殆んどです。マスコミが報道しないから。

学者の支持が1割にも満たないco2(二酸化炭素)原因説がまかり通っていますが、これも経済活動の一環として国民(と世界中)を騙しています。二酸化炭素が原因としておけば環境対策と称して、エコカー・エコ家電・エコグッズなどなど、エコの名の下に国民に売りつける事ができますが、もし太陽が原因となると、何の対策も出来ない。
ようは“儲からない”のです。
テレビを見ても、エコ・エコ・エコのCMばかりですよね。
エコロジーは大切だと思いますし、そこは気を使うべきだとも思います。環境対策は大事だ。
しかし、本当は正しい情報を国民に知らせ、検証して、出来ることはみんなでやりましょう!というのが正しいと思いませんか?
いまは必要のないものまでも、エコだからと買わされます。
そしてやがて税金も取られる。
環境税とは(環境省)
このような税金も地球温暖化=co2原因説が前提で成り立っていますが、太陽原因説は隠されたまま一方的に話は進みます。
過去記事
地球温暖化の“ウソ”
地球温暖化の“ウソ”その2
地球温暖化の“ウソ”その3
30年くらい前には“地球寒冷化”(ミニ氷河期が来る)と言われていました。
それが今は“温暖化”です。
しかし、この問題もそのうち表に出てくると思います。
いつまでも国民は騙せない。
歴史上最大の金融危機とともに、我々を欺く“大嘘”も同時に崩壊すると私は思っています。
そのうち残るのは、人も物も情報も“本物だけ”なのかもしれません。
ぜひ残りたいですね(笑)
マヤ暦(2012年12月21日で暦が止まっている)にはそのような意味も含まれているかもしれませんよ。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 20:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 環境問題のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

封殺された“年金テロ”報道。元厚生次官ら連続殺傷事件、今日初公判。

元厚生次官ら連続殺傷事件で殺人や殺人未遂などの罪に問われた小泉毅被告の初公判が開かれました。
元厚生次官ら連続殺傷事件の初公判(産経ニュース)
この事件の発生当時はマスコミも“年金テロ”として騒ぎ立てましたが、途中からなぜかトーンダウンし、さらに“年金テロ”という言葉自体も使わなくなるという、極めて不自然な状況がありました。
それだけではありません。
元事務次官とその妻の三人を死傷した、凶悪な犯行の理由が「子どもの頃に飼い犬を保健所に殺されたから」だそうです。
このような幼稚な理由を誰が信用するのでしょうか?
しかし、マスコミは全く追及しなくなり、報道自体がされなくなった。今日の初公判のニュースを見ていなければ、私もやがて忘れるところでした。
政治・経済において“預言者レベルの評論家”として知られる副島隆彦さんは、この小泉被告の“年金テロ”事件の裏側には「財務省官僚も金融庁も深く関わっている。彼らの天下り組織の中で年金運用のトラブルが起きていて大きな内紛が起っている。元厚生事務次官は口封じで殺されたのだ。」と説明し、さらに「警察も国家官僚組織の一部であるから、上層部がただちに連絡を受けて、厚生官僚たちの内紛を、表沙汰にしないために信じられないようなウソの状況証拠をたくさん捏造して、この事件を闇に葬ることに決めた。それも大慌てでやったものだから、無理なこじつけの発表が相次いだ。」
(日米「振り込め詐欺」大恐慌―私たちの年金・保険は3分の1に削られるより引用)

と、著書で詳しく説明しており、さらに小泉被告は身代わり犯人であることを強く指摘しています。
この事件のポイントとしては、
@現場で発見された足跡と小泉被告の足のサイズが違う。
A小泉被告は「保健所は厚生労働省の下部組織ではないですよ」と教えられた時に、「えっ」とおどろいた。
B修練を積んだ殺人のプロの手口である。
Cそして32年前に飼い犬「チロ」を保健所に殺されたからという殺人の理由。

などが挙げけられますが、副島隆彦さんが言うように実際、小泉被告が自首してから急に“年金テロ”という言葉がマスコミからいっせいに消えました。今でも出ていないんじゃないでしょうか。
判決はどうなるのか分かりませんが、この事件の“真実”として知っておくことが重要だと思います。
マスコミの報道にもぜひ注目してくださいね。闇に葬られる事件の1つとして・・
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワクチン接種後にインフルエンザに感染、さらに死亡。

鹿児島県で、ワクチン接種後に新型インフルエンザに感染した30代の女性看護師が死亡したと発表がありました。
ワクチン接種後に感染、死亡=国内初(時事ドットコム)
この女性看護師は医療従事者であるため、季節性・新型の両方のワクチンを接種しておりました(させられた)が、ワクチンの効果が出始めるとされる接種3〜4週間後に感染したことになり、いかにワクチンの効果がないかわかります。
死因はインフルエンザ脳症とされていますが、インフルエンザ自体では脳症になりません。
“インフルエンザ脳症”は日本だけ!?〜実は“薬害”の事実。
解熱剤が原因と言われるライ症候群とも考えられますが、この方はタミフルを処方されており、いわゆる“タミフル脳症”である可能性が疑われます。
タミフル脳症とは(タミフル脳症被害者の会)
今回、国内で初めてのワクチン接種後にインフル感染・死亡とのことですが、今後は同じような事例がどんどん出てくるものと思われます。ワクチンは効果が無く、副作用の出る可能性が高いということを認識しておかないと、我々国民は都合よく騙されます。
タミフルに関しても、新型インフルエンザで死亡したとされている方の殆んどが“タミフル”及び“リレンザ”を処方されており、薬が原因で死亡したと考えるのが妥当です。
元から危険といわれている“お薬”ですからね。

それともう1つ。

タミフルやワクチンも、備蓄という名のもとに税金で買い溜めされます。
しかし、病院や薬局で処方された時点でもお金を払いますよね?(つまり買わされる)
これってオカシクないですか?
手数料的なものを考慮しても値段が高すぎるし、明らかに2回お金を払っています。
ワクチンなど原価350円だそうですが、病院で打つときは平均“3000円”取られます。効果の無い危険な注射が“3000円”です。
私はいりませんけどね(笑)
インフルエンザに関わる巨大利権の解明こそが、“事業仕分け”で明らかにされるべき項目であると、みなさんも思いませんか?
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

日本に輸入予定のワクチンに想定以上の副作用が発覚。製造会社が使用中止を要請。

今日出てきたニュースです。
ずっと言われ続けているインフルエンザワクチンの副作用問題ですが、
ワクチン製造会社が重大な副作用を認めました。
英社製ワクチンで副作用、使用中止要請(asahi.com)

厚労省などによると、GSK社がカナダの工場で製造したワクチンはカナダ国内で10月から接種がスタートした。このうち、マニトバ州では、アレルギー反応の一種で、急激に血圧が下がったり、呼吸が難しくなったり、意識障害が起きたり、重いと死亡する場合もある「アナフィラキシーショック」も複数起きており、同時期に同じ工程で作られた製品について同社が使用中止を州政府に求めているという。(asahi.comより引用)

これらの副作用は以前から指摘されていたものであり、厚労省や現場の医師が不自然な否定をする中、
製造会社が副作用を認めたことは、今後大きな意味をなすと思われます。
しかし、輸入予定のワクチン4950万人分中、3700万人分が副作用を認めたGSK社製であるにも関わらず、なんと厚労省はそのまま輸入する方針だそうです。

GSK社製のワクチンには免疫補助剤が入り、筋肉に打つなど、国内産と違う製造方法や打ち方がされているそうなんですが、この免疫補助剤の危険性が以前から指摘されてきました。
Youtube画像※日本語字幕付き
FOXニュース チメロサール(免疫補助剤)の危険性

今の時点でワクチン接種後の死者が10人を超えました(11月23日現在)が、今後の厚労省の対応とマスコミがどのような報道を流すのかを注視したいと思います。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。