2009年09月08日

“インフルエンザ脳症”は日本だけ!?〜実は“薬害”の事実。

いま新型インフルエンザの話題でわいわいやっていますが、
みなさんは大丈夫ですか?
本当は、インフルエンザワクチンがいかに危険で効果がないかを書こうと思ったんですが、情報が多すぎてまとめるのが面度くさいので、今度にします。

そこで今日は“インフルエンザ脳症”について。
昨日もニュースで
「ワクチンを接種してインフルエンザを予防しないと脳症になる恐れもある」と言っていました。

これはハッキリ言って
“ウソ”です。
大ウソ。
多分、殆んどの人が知らないと思いますが、インフルエンザは世界中にある病気なのに“インフルエンザ脳症”という病名は日本にしかありません。

おかしいと思いませんか?

実はインフルエンザ脳症は、外国ではライ症候群と呼ばれていて、解熱剤などの投与が原因(副作用)で発症するということは、一般的にも知られています。本来、日本でもそう呼ぶべきだと言われていますが、医学の専門家たちも厚生労働省も修正しようとしません。

これは色々考えられますが、まず1つはインフルエンザ脳症という病名にしておけば、脳症を発症した時に解熱剤の副作用ではなく、インフルエンザが原因と思わせる事が出来る。(責任逃れ)

そしてもう1つは、インフルエンザが原因と思わせることで予防接種を促進する販売効果があります。(テレビでも盛んに進めている)

実際は解熱剤などの副作用によるものなので
インフルエンザ自体、インフルエンザ脳症と全く関係ありません。

つまり、病気が原因ではなく“薬害”なんです。

みんな知らない。

これは世の中の仕組み自体が関係していると思うんですが、インフルエンザの治療や予防(タミフルや予防接種)というのは、製薬会社(医者や病院なども)が物凄く儲かります。

そしてマスコミが販売促進を手伝う理由は、製薬会社がマスコミの大スポンサー(テレビも新聞も)だからです。お金と仕事をくれるので、逆らうことは出来ないし、結果儲かる。

そして厚生労働省は沢山のOBが天下りしている製薬会社を優遇するのは言うまでもありません。

だから大規模でインフルエンザキャンペーンをやるんです。
これは決してインフルエンザに限った事ではなく、あらゆる病気や薬なども含まれます。

こういう仕組みがある以上、簡単に正しい世の中になるとは思えませんが、騙されることだけは避けましょう。

そして本当のことをもっと知っておきましょう。
私も知らないことがいっぱいあります。
製薬会社もマスコミも、「どうせ国民は馬鹿だから気づかない」と思って我々を見下し、騙すんです。
だから新聞やテレビは大きな意味での真実を報道しないんです。

私はブログに書くことくらいしか出来ませんが、みなさんの参考になれば幸いです。ニュースを見たとき、本当か?と疑うくらいがちょうどいいです。
1つずつ、世の中の“ウソ”を暴いて行きましょう。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。


posted by たっきー at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桑田佳祐&SUPER MUSIC TIGERS〜“野外ライブin山中湖”

いやー凄く楽しそうですねこのイベント!
最高!
生で聴きたかった。
先月の8月29日に山中湖で行われた「SWEET LOVE SHOWER 2009」っていうイベントからの映像なんですが、
大トリの“桑田佳祐&SUPER MUSIC TIGERS”で大盛り上がり!!

You Tube画像
桑田佳祐in山中湖 野外LIVE2009 @リンク
桑田佳祐in山中湖 野外LIVE2009 Aリンク
桑田佳祐in山中湖 野外LIVE2009 Bリンク

本日の曲メニュー
@ROCK AND ROLL HERO
Aスキップビート(SKIPPED BEAT)
B海
C栞のテーマ
Dロックンロール・スーパーマン〜Rock'n Roll Superman〜
E希望の轍

最後の“希望の轍”はレミオロメンやエレファントカシマシ、かりゆし58など、出演者が全員出てきて熱唱してましたが、かなり豪華なメンバーですね。凄い!

もっと見たかったなー

半年続いた音楽寅さんですが、いよいよ放送あと2回!
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 桑田佳祐の音楽寅さん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

美人が知らせる癒し時計サイト“bijin-tokei”

面白いサイト見つけました。

画面をクリックすると、

今の時刻をボードに書いた女の子が1分ごとに出てきます。

bijin-tokei”リンク

24時間表示するためには1440人必要なんですが、

いま現在は360人が登場するそうです。

気晴らしにでも見てみてくださいね!

ちなみに男性版“イケメン時計”も企画しているそうです。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

淳二稲川のねむれない怪談(はなし) VOL.1より〜下北沢の13階段のアパートの怪。

島田秀平の後輩の話なんですが、アパートやマンションを借りる時の参考になりそうです。
ここから

後輩が「良い物件を見つけたんで引っ越します」と電話があった。後輩は凄い貧乏なのにどこに引っ越すのかと訪ねると、「下北沢でめちゃくちゃ良い物件を見つけたんですよ」と言う。

そこは普通のアパートで、外階段を登ったところの突き当たりにある201号室。他の部屋は家賃10万円以上もするのに、201号室だけ家賃8200円という超激安物件だという。

島田は絶対おかしいから確認しようと、2人で不動産屋へ説明を聞きに行く。「この物件おかしいですよね?」と質問すると、不動産屋は「はい」と即答。

そして不動産屋は「この201号室は1年で4人が入居したが、誰も2週間ももたず、3人は夜逃げするかのように逃げていって、残りの1人は2週間後に遺体で見つかった。死因は窒息死でした」と言う。

島田はやめた方が良いとアドバイスしたが、後輩はそのいわく付き物件に住むことを決める。

引っ越した次の日、さっそく後輩から「やっぱりここヤバイですよ」と電話がきた。後輩は夜中の2時22分に目が覚めて、一階で「ワー」っと幼稚園児が走り回るような騒ぎ声が聞こえ、その後に「コツン」という音が1回したと説明する。

2人は不動産屋に向かい、昨夜の出来事を話すと、不動産屋は「普通のアパートの階段は14段あるのだが、希に13段しかない物件がある。階段が13段しかない物件はヤバイということは不動産業界では有名な話。私の知っている物件では、町田に1件とあなたの住んでいる下北沢の1件だけです。」と言われた。

アパートに戻って調べてみると、本当に階段は13段しかなかった。島田は引っ越すように勧めるのだが、後輩は「家賃も安いし、ネタになる」と言ってそのまま住むことにした。

次の日、また後輩から電話が掛って来た。昨日も2時22分に目が覚めて、子供の走り回る声がした。その後に『コツン、コツン』という音がしたという。二回になっている・・

後輩は「コツン」という音は誰かが階段を上っている音のようで、階段が13段しかないので誰も2週間もたなかったんじゃないか?と話した。しかし、「2週間我慢出来れば、家賃も安いし良い物件だ」と言ってそのまま住み続けた。

後輩の言うとおり、日に日に足音は階段を上ってきた。そして13日目に、後輩から電話がきた。「やっぱりヤバイですよ。いつもは『コツン、コツン』という音だったが、昨日は『ドドドド』と明らかに大勢の大人が階段を上り下りをしている音がして、ドアを一晩中『ドンドンドンドン』と叩かれた。朝まで寝られなかった。明日あいつらが入って来て、自分殺されると思います。引っ越します。」と話した。

島田は後輩のために神社でお守りやお札を購入し、仲間を呼んで引っ越しの手伝いに向かった。

明るいうちに引っ越しを済ませたかったが、作業は暗くなるまで続いた。そのうち何もしていないのにブレーカーが落ちて電気が消えた。ブレーカーの位置は後輩しか知らないので、後輩にブレーカーをあげるように言うが、後輩から返事がない。

暗闇にだんだん目が慣れてきて、後輩が床にうずくまって「うー、うー」と唸っているのに気付いた。

これはやばいと感じた島田たちは後輩を部屋の外へ担ぎ出し、救急車を呼んで病院へ搬送した。

後でわかったことは、神社で購入したお守りやお札が人間の力では不可能なほど小さく圧縮され、後輩の喉に詰まっていたという。

ここまで。

このDVDは“人志松本のすべらない話”のパロディーなんですが、サイコロを振って名前の出た人が怖い話をするという企画で、結構面白かったです。
出演
稲川淳二/中村豪(やるせなす)/ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)/島田秀平/岩井志麻子/我修院達也/辰巳奈都子


ここで参考になるのは
@通常のアパートは階段が14段だが、まれに13段があって、その突き当たりはかなりヤバイ。必ず何かある。
A怪しい部屋は日本酒を一日置くと、物凄く減ったり味が不味くなったりする。
B花を置くとすぐ枯れる。

覚えていた方がいいかもしれませんね。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

衆院選民主党大勝利!そして国民審査の結果は。

民主党が予定通り大勝しました!
これからの鳩山内閣に期待しましょう。
しかし、私は納得できないことが1つあります。
衆院選と同時に行われた国民審査ですが、最高裁判官9人全員が信任(罷免なし)という結果になりました。
過半数以上の×がつかないと、そのまま信任となるんですが
< 第21回 国民審査結果 >
裁判官名  罷免(×印)票
桜井 龍子    4,656,462
竹内 行夫    4,495,571
涌井 紀夫    5,176,090
田原 睦夫    4,364,116
金築 誠志    4,311,693
那須 弘平    4,988,562
竹崎 博允    4,184,902
近藤 崇晴    4,103,537
宮川 光治    4,014,158

となりました。
これだけ多くの×印が付けば、過半数を超えなくても罷免(クビ)すべきではないでしょうか?
そもそも過半数以上という基準はハードルが高すぎです。(実際、国民審査で罷免された裁判官はいない)
なんのための審査かわかりません。
形だけ。
全員が400万票以上の×印が付いても信任されるんです。
制度自体、変えていく必要があるんじゃないでしょうか?
民主党に期待しましょう。
人気ブログランキングへ←応援クリック宜しくお願いします。
posted by たっきー at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。