2009年07月30日

将来の心配はいらない!人類と地球を救う次世代エネルギー“大麻”


今回は“大麻”(ヘンプ)の話。

麻薬として知られる大麻ですが、実はこれが次世代エネルギーって知ってました?
この大麻、かなり凄い!
たとえば、プラスチック・紙・ボードや断熱材・繊維製品や布類など、
石油製品の殆んどは“大麻で作れる”
そうです。
しかも大麻で作ったプラスチックは
@重量は3分の1
A衝撃強度は10倍
B燃やしても有害物質が出ない
C電磁波を通しにくい
D天然の抗菌作用がある

という素晴らしいメリットがあります。
しかもしかも、この大麻は“100日で育つ”ので石油のように枯渇する心配がありません。
心配しているのは、大麻が次世代エネルギーであることが一般に知られては困る石油業界ではないでしょうか。
建材も作れます。
縄文エネルギー研究所所長の中山 康直さんによると
(引用)
天然循環資源ですから壁が呼吸し、温湿度の調整をしてくれますので、省エネに貢献しています。
また、今、問題とされている化学溶剤を使った発ガン住宅といわれるものや環ホルモンなどの心配もなく、非常にクリーンな住宅素材です。
この建材としての大麻ボードは、耐火性にもすぐれており、この特性は、住宅にとって最大の利点になります。
100年以上かかって育つ木材を使って30年しかもたないような家を造っている現在の住宅から、100日で育つ大麻を使って100年以上もつ家を造る意識にシフトすることで住宅事情は大きく変わり、結果として森林の保護や生物種の保全に繋がり、本来の生態系の回復に向かっていくでしょう。

(引用ここまで)

どうですか?凄いでしょう。

大麻から抽出したオイルで車を走らせる実験も成功しています。

メリットはまだまだありますがキリがありません。
この世代エネルギーである大麻が世界的に規制された背景には、
1900年代の初頭に石油資源を中心に経済を発展させようという政治的な考え方がありました。
大麻産業のような循環産業が、石油化学産業の“邪魔”とされたわけです。
しかし最近では、1993年にはイギリス、94年オランダ、95年オーストリア、96年ドイツ、98年カナダが産業用としての大麻栽培が解禁されました。
もともと日本は、大麻は神聖なものとして取り扱われていた国です。
日本でも解禁されて、次世代エネルギーとして活用される日も近いのかもしれませんね。

“古代からのこころを伝える麻を考える”サイト

人気ブログランキングへ←応援クリックよろしくお願いします。
posted by たっきー at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将来の心配はいらない!人類と地球を救う次世代技術“逆浸透膜浄水方式”

今日は“海水を真水に換える装置”の話。

いま世間では将来水不足で大変な事になる!と言っています。
本当でしょうか?
もちろん水は必需品で、人も動物も植物も水がないと生きて行けません。
その水が不足するというのです。
実際なくなると大変ですが、私は大丈夫だと思っています。
なぜなら“海水を真水に換える装置”すでに実用化されているからです。
海水を真水に換える装置は“逆浸透膜浄水方式”(ぎゃくしんとうまく)といって、
自衛隊がイラク・サマワで給水支援の際に採用した技術です。
一般家庭向けの逆浸透膜式浄水器は結構前からありますし、
NASAではスペースシャトルに搭載、尿を飲み水に換えて“飲む”という実験までしています。
この“逆浸透膜浄水方式”で海水を真水に換えれば、それこそ無限に水が使えることになります。
海水を飲み水に使うわけですから、海水面も下がり、やがて海に沈むと言われている“ツバル”も助かるのでは?
そして砂漠に水を撒いて緑地化なんてできないですかね?
地球環境も良くなりそうです。
将来を悲観するより、今ある素晴らしい技術を将来のためにどう使うかが大切なのではないでしょうか。
水不足自体がなくなると思いますよ。

(家庭用の逆浸透膜式浄水器については海水に対応するのか分かりませんので、興味のある方はご自分で確認してください)
逆浸透膜関連商品
軽量で持ち運びが便利!殺菌の必要がなく手軽に安全な水が作れる携帯型逆浸透膜浄水器。PURESIS...

逆浸透膜方式で製造された、限りなく純粋に近い保存用飲料保存用飲料水いのちの水1,500cc

◇◆◇NASA認定の逆浸透膜フィルターを使用した極上の肌のための最もシンプルな化粧水!【霧金...
人気ブログランキングへ←応援クリックよろしくお願いします。
posted by たっきー at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

“法の下の平等”?

いよいよ植草一秀さんの収監が近づいています。

電車内で痴漢行為をしたとして東京都迷惑防止条例違反に問われていましたが、
懲役4月(未決勾留(こうりゅう)2月を算入)の実刑が確定した。
この判決は
●被害者証言や検察側目撃証言の多数の矛盾点や植草氏の無罪を証明する弁護側証人の証言内容が十分に検討された形跡がない。
●公判では被害者が一度も出廷せず検察側目撃証人が警察との事前接触を隠していたことが明らかになった。
植草氏が誰とも接触していなかったと証言する市民も現れた。
●繊維鑑定についても植草氏の手の付着物が(被害者とされる女性のじゃなくて)駅員制服の構成繊維と『極めて類似している』との専門家鑑定結果が弁護側から証拠申請されたにもかかわらず裁判所が証拠採用しない。
●高裁での審理も10項目以上に及ぶ弁護側の重要な証拠調べ請求を無視。
など、考えられないような状況での“有罪判決”です。
そしてその判決を下した裁判官が

最高裁第三小法廷(近藤崇晴裁判長)
カナダde日本語さんのブログにプロフィールが書かれています。

この植草事件の“不当判決”で近藤崇晴裁判長への反発が強まり、
国民審査で不信任しようという運動まで広がっています。

そして
PJニュース 2009年6月28日より
(引用)
植草事件は政治的背景がうわさされてきたが、判決のタイミングはこれを一層感じさせる。 政治学者の渡邉良明(わたなべよしあき)博士が森田実(もりたみのる)氏のホームページで、植草氏の無実を公言し、副島隆彦教授も 同様の見地から植草氏との対談本を出したばかり。

植草氏のブログは1日5万人に読者が拡大し、自民党劣勢の中で総選挙が近づいている。政権交代が実現すれば、小泉・竹中政権の下で行われた国家的な犯罪が続々と白日の下にさらされることに。

(引用ここまで)
我々はあらゆる事を考慮したうえで、総選挙に挑まなければなりません。
植草さんは今後、この日本を救う“本物の人財”だと確信しています。
その“本物の人財”を一部の人間の都合のために、失うわけにはいきません。
国民の目で強く監視するとともに、政権交代によって真実を表に炙り出す必要があるようです。

人気ブログランキングへ←応援クリックよろしくお願いします。
posted by たっきー at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

桑田佳祐の音楽寅さん。〜海の日LIVE延長戦!!

今日は先週に続き海の日LIVE延長戦!!

みんなが一生懸命ゴミを拾う横でセクハラ連発!

相変わらずですね(笑)

延長戦の曲目は
◆メリークリスマスインサマー
◆真夏の果実
◆涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜
◆悲しい気持ち〜Just a man in love〜
◆おまけ?
◆マンピーのG☆スポット

特にマンピーのG☆スポットの時がひどい(笑)
女の子の抱きつかれて、ずっと
あっ あっ 言ってました。
放送ギリギリ感がウケます(笑)

あのちっちゃい規模のLIVEって
やっぱりいいですよね!

おきなわにも来ないかな・・


人気ブログランキングへ
←応援クリックよろしくお願いします。


posted by たっきー at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 桑田佳祐の音楽寅さん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当ブログは“植草一秀氏を応援”します。

小泉・竹中構造改革、および政治の闇を暴き続けて来た
植草一秀さんの“冤罪事件”について、
最高裁第三小法廷が上告を棄却する決定を下した。


つまり“無実”なのに収監されることになったのだ。

この事件は明らかな“冤罪”であるため政治・経済の専門家のみならず、
一般の人たちの間でも
“植草一秀さんを応援するブログ”が物凄い勢いで増えています。
◆植草事件の真相掲示板
◆植草一秀氏を守るBBS
◆高橋清隆の文書館
◆植草事件の真相
◆植草一秀氏を守るプロジェクト
◆植草一秀氏の事件(熊八ブログ)
◆一秀くんの同級生のブログ
◆mojo_コメント備忘録
◆ライブドアニュース(サイト記事)
◆カナダde日本語
◆どなんとぅ ぬ だぁ
◆kobaちゃんの徒然なるままに
◆神州の泉

◆反戦な家づくり
◆晴天とら日和
◆雑談日記(徒然なるままに、。)
なとなど・・・
ほかにも数え切れないくらい、凄い勢いです。
私も微力ながら、植草一秀さんを応援していきますので、
みなさんにも、
1人でも多く、この事件の真相を知って欲しいと思います。
つづく・・・
人気ブログランキングへ←応援クリックよろしくお願いします。
posted by たっきー at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済のウソと本物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。